サーブとサーブレシーブ

お久しぶりです。
もはや完全にレアキャラと化しました、Jyamです。

このブログの雰囲気が随分オトメチックになりまして、
そろそろスパイスとして、
硬派バドな記事でもねじ込んでみようかと思い立った次第であります(笑


さて、それでは今回のテーマは、
「ダブルスのサーブ&レシーブ」といたしましょう。

コレについての技術、戦略について、Jyamの考えていることを書き綴ってみます。


<サーブ>

Jyamの選択肢は以下の通りです。

・ショートサーブ
 →センター
 →サイド

・ロングサーブ
 →センター
 →サイド

・ドリブンサーブ
・ロングハイサーブ  


上記の選択肢の中で、基本となるものは「ショートサーブ(センター)」です。
滞空時間が短い、狙いやすい、リターンがケアしやすい、などのメリットがあります。

サーブは、何を達成したら「勝ち」でしょうか?
ひとえに、「後衛が攻撃の出来るシャトルを打たせる」につきます。


攻撃のショットを打ちにくい「ショートサーブ(センター)」がベストですが、
ある程度のレベルに達すると、サーブが全く浮いていなくても攻撃されてしまいます。
そこで、的を絞らせないために、他の選択肢を有効に使う必要があります。


「ショートサーブ(センター)」以外は、全て奇襲です。
読まれていた場合の攻撃される確率が、全てセンターへのショートサーブよりも高くなるからです。
使いどころが大変に大事です。
相手の癖、心理、得手不得手、そして、ゲームの流れを考慮しなければなりません。

しかし、逆に言えば、レシーバーの読みやタイミングを外せさえすれば、
簡単にシャトルは上がってきます。
多少精度の低いサーブでも、目的を達することが出来ます。
言い換えれば、ネットやバックアウトのリスクが低い甘いサーブでも大丈夫、とも言えます。


サーブは、心理戦なのです。


サーブを打つ時、Jyamは

・レシーバーの立ち位置
・レシーバーの構え(ラケットの位置)

この2つを良く見ます。
そして、打つサーブの種類を決め、そのタイミングを計ります。

・ノーマル
・クイック
・ディレイド

これらを混ぜ合わせて、可能な限りタイミングを読ませない工夫をします。

バドミントンには、サーブを打つまでの時間に制限はありません。
静止している分には、どれだけ時間をかけても構いません。
ここも、駆け引きの重要なポイントです。


また、ロングサーブを打つ時は、レシーバーに何処で取らせるかを意識することが重要です。

・3歩動かして打たせる
・1歩でジャンプして打たせる
・その場でタッチさせる

これによって、サーブを打った後に自分がケアする場所やタイミングが変わってきます。
サーブを打った後は「前衛」であることを忘れないでください。
レシーバーの体勢を見て、次のショットを予測できるようになれば、
ラリーをより一層有利に運ぶことが出来るようになります。


以上が、Jyamのサーブのスタイルです。
色々やりたがりの私ですから、無駄に色々考えています(笑


ですが、ただシンプルに、精度の高いショートサーブを打ち続ける、というのも1つの手段です。
タイミングが読めていても、浮いていないサーブを叩くのはやはり、高度な技術。
安定感というメリットもありますし、パートナーも分かりやすいですしね。

この辺りは、各人のスタイルと言った所でしょう。




<サーブレシーブ>


サーブレシーブの絶対に守らねばならないコトは、

「シャトルをネットの下に沈める (=攻撃の形を守る)」

これに尽きます。
サーバーは必ずネットの下からシャトルを打たなければならないのに対し、
レシーブは「ネットの上で打つことが出来る最初のショット」だからです。

そもそもレシーバーは有利なのです。最初から、攻撃の態勢なのです。
ですので、そのラリーを攻撃の形に持っていくのは「ノルマ」と言っても過言ではありません。
ココが、サーブとの大きな違いです。


この有利な形を無駄にして、簡単にシャトルを上げてしまうようではいけません。
絶対にシャトルを沈め、「攻撃の形」に入らなければなりません。


Jyamの選択肢は以下です。

ショートサーブ時

・プッシュ(バックハンド or フォアハンド)
 →クロス
 →ストレート

・ヘアピン
 →センター
 →クロス(左右)

・フェイントロブ

ロングサーブ時

・スマッシュ


これらを打てなかったときは、レシーバーとして「負け」た時です。
心の中でパートナーに謝罪します(笑

外されたときはできる限り高いシャトルでクリアorロブを打ちます。
外された中でも多少の余裕があるときは、
相手の攻撃しにくい場所や、攻撃力の弱い方を狙います。


ショートサーブレシーブのとき、
Jyamには、レシーブポイントが3つあります。

1.エースを取れる、最速のタッチポイント
2.ほぼ確実にシャトルを上げさせる、早めのタッチポイント
3.タイミングを外された、逃げのタッチポイント


タイミングの読めるサーブであれば、9割がた1~2でのレシーブが可能です。
また、タイミングを外されたときにも、
3のポイントを持っておくことによって、ラリーに持っていくことが出来るというのはとても大事です。
タイミングを外されたときに勢いのまま強打してネット、
もしくはバックアウトというのはレシーバーとして最もやってはいけないことです。


ショートサーブレシーブの種類の多さには定評のあるJyamですが(笑、
基本となるショットは実は1つです。
バック側のコートからの、フォアハンドクロスプッシュがそれです。
最もシンプルな、早いタッチで、厳しいリターンの来にくい相手のバックハンド側を狙うショットです。
(実際にJyamとコートに入った事のある方なら、必ず1回は見たことがあるはずです。)


このフォアハンドプッシュを軸にすることによって、
他のショットを有効にしているのです(・・・と勝手に思っています(^^; )



ロングサーブレシーブは、基本的にスマッシュ一択です。
何があっても、強打します。
サーバーからすれば、逃げのサーブでシャトルが上がってくることが一番ありがたいからです。


Jyamは、捨て身でも、可能な限りスマッシュを打つようにしています。
スマッシュが打てさえすれば、完全に体勢を崩していてもパートナーが次をケアしてくれます。
特に、1本目は重要です。
相手の選択肢を増やさないためにも、絶対に潰す必要があります。

逆に、1本目を潰しておけば、
それ以降のロングサーブに対して、ドロップを使うことができるようになります。


ロングサーブレシーブの軸は、スマッシュです。
打てる時は、絶対に打ちましょう。
読まれていても構いません。
(ナメるな!!!)と、殺意を込めて、サーバーのボディ目掛けて打ち込みましょう(笑



<総括>

サーブを打つ、ということは、その時点で不利です。
レシーブを打つ、ということは、その時点で有利です。

不利な条件を有利に覆すためにすること、
有利な条件をキープすること、
コレを意識すれば、おのずと自分が為すべきことが分かってくるはずです。


ダブルスの場合、「最初の三本」でほぼそのラリーが決まる、と言われるほど、
ラリーの最初は大変に重要と言われます。
ココを意識すれば、ゲームの質が変わってきます。


また、サーブにもレシーブにも、1つ『軸』となるショットを作り、
そこから派生させるコトが技術向上、及びゲーム展開の構築にとても大事です。

反復練習によって身に付くものと、試行錯誤によって身に付くもの。
自分に足りないものは何かを意識して練習し、より一層、高みを目指しましょう。





文章が長いことで評判の男
ミスが多いことで評判の男
理屈っぽいことで評判の男
顔が濃いことで評判の男

Jyam
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

weekender

Author:weekender
お問い合わせはこちら

panyawa-iyada-@docomo.ne.jp

お気軽にどーぞ♪

HN:たけし


HN:July

HN:1109



【卒業】
HN:P監督

【卒業】
HN:きょーじゅ

【卒業】
HN:宝槻

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR