スピンという技術

皆様、お久しぶりです。
ここの激レアキャラとして、もはや皆様から忘れられていること請け合いの、Jyamです。


個人ブログで久々にバドの日記を書いたので、
こっちにも転載してしまえ!ということで、久々のupになりました(笑


では、いつもどおり壮絶に長いですが、
たまには、バドミントンについて真面目に書いたって、いいじゃん!
ということで、生暖かい目で見てあげてくださいm(_ _m)



--------


バドの場合、ランクの持つ意味はどういう内容なのかと考えてみると、

初級:一通りのショットが打てる
中級:狙った場所にシャトルが打てる
上級:相手のシャトルをコントロール出来る

といった所でしょうかね?
(オレは中級から上級に上がれずにいますw)

これはあくまでも技術での話であって、
強い・弱いという観点はとりあえず、無視しておきます。

相手のシャトルをコントロールするための技術には
配球とか、ショットの精度などがありますが、
これは中級の技術の延長線にあるので、
特別に意識をしなくてもだんだん身についていくものです。

ですが、普通にやっているだけでは身に付かない技術があります。
それは、

「回転(スピン)」

です。

中級までの技術において、
この「回転」という概念は存在しません。




そもそも「シャトルという球」は球形ではなく、
基本的なショットには回転を掛ける事はまったくありません。
回転を掛けても曲がったりしませんし。

フラットな面で打ち出したシャトルは空気抵抗を受けて、風車の様に回転し
必ず反時計回りのジャイロ回転になって飛んでいきます。
(これにより、シャトルはまっすぐ飛ぶ事ができるのです。)


カットというショットは、打面を切ることによって、沈むショットになります。
「速いドロップ」のように認識している人も多いと思います。
ですが、根本的にドロップとは別のショットです。


以前日記で、

「カットはスイングスピードとショットスピードが異なる」
「スイングの方向とフライトの方向が異なる」

ために、フェイントとしての効果を持つ、と書いたと思います。(多分)


カットの大きな強みというのはこの2点ですが、
実は、もう一個あります。


無回転でシャトルを打ち出した場合、
その速度によってシャトルの回転速度が決まります。
風が強ければ風車は速く回るし、弱ければゆっくり回る、といった具合。

では、打ち出しの時点で回転をかけたらどうなるか?

もちろん、曲がったりはしません。
速度と回転数の関係が通常と異なるものになります。

これはどういう意味なのでしょうか?


では、まず、フォアカットを打ったとしましょう。
(以下、全て右利きの場合と考えてください。)


フォアカットは、シャトルが自然に回転する方向に回転を掛ける打ち方です。
つまり、空気抵抗を受けて回る分の回転力を最初から持っている、ということになります。

するとどうなるか?


回転に持っていかれる速度エネルギーを、最初から回転エネルギーとして持っているために、
フラットに打ち出したシャトルに比べて、「減速しない」という現象が起こります。
(単純に、空気抵抗が小さくなる、と捕らえても問題ありません。)
フラットに打ち出した同じスピードのシャトルと比べて、
フォアカットのシャトルは、ほんのちょっと、失速が弱くなり、シャトルが「伸び」ます。

相手が打ったカットがネットに掛かると思ったシャトルが、
ネットを越えてきた!という現象を経験したことがある人は居るでしょうか?
それは、このためです。



ではリバースカットはどうでしょうか?

そもそもリバースカット自体とても難しいショットで、
「本物」を打てる人はとても少ないのですが。

リバースカットは、シャトルが自然に回転するのとは逆方向に回転を掛ける打ち方です。
するとどうなるのでしょうか?

打ち出された後、空気抵抗によって順回転への力が加わり、
逆回転がだんだん弱くなります。
そしてある一点でシャトルの回転は止まり、
さらにその後に順回転へと変わっていきます。


打ち出し直後(逆回転時)は通常以上の減速をし、
無回転になった時にはふらふらと揺れる、という現象がおきます。
さらに、順回転になることにはすでに速度は遅くなっており、
回転はそれほど強く掛からないままに相手のコートに届くことになります。

つまり、ショットのスピードからすると、
通常よりも遅く、失速するということになります。
シンプルに言うと、シャトルが「落ち」ます。

慣れ親しんだシャトルの減速度合いと、
最もかけ離れたフライトをするのがこのリバースカットです。


最も相手のタイミングをはずす効果のあるショットといっても過言ではないかもしれません。
難しい分、それだけのメリットもある、ということですね。


シャトルに回転を掛けるということはつまり、
相手の予測とは違う軌道のシャトルを打つこと、なのです。

本当に上手いカットを打つ人のシャトルは、
経験から頭に刷り込まれたシャトルの飛び方と僅かに変わってくるのです。
それ故に、タイミングがズレてしまい、
シャトルを思うようにコントロールできなかったりするのです。

実は、カッティングクリアもそういう意味では、
相手のタイミングをずらすことが出来る、有効なショットと言えます。

・・・が、犠牲にする精度とその有効性とを天秤に掛けて考えると、
実用性はどうなのよ?と言われると疑問は残りますけどねw



さて、次はヘアピンです。


スピンネット自体は、使用している人も多いと思います。
しかし、その回転の「種類」を意識している人はそんなに居ないのではないでしょうかね?


飛ぶ距離の極端に短いヘアピンは、
スピンの効果が最も顕著に現れるショットです。

ヘアピンはシャトルの速度が遅いため、
普通に打ったらシャトルは無回転で相手の所に到達します。
場所にも因りますが、総じてコントロールしやすいシャトルです。

そのため、シャトルにスピンを掛けるのが常套手段なワケですが、
皆さんはどのようにスピンを掛けていますか?


大きく分けるとシャトルの回転には2種類あります。

コルクが上下に回転する『タンブル』
コマの様に回転する『ジャイロ』

恐らく、ほとんどの人が使っているスピンネットは、タンブルの方でしょう。
テニスのスライスショットや卓球のツッツキの様に、
シャトルのコルクを下側にスライスしてやるとこの回転になります。

恐らく、ほとんどの人が教わるスピンネットとは、これの事だと思います。
(オレはほとんど教わってないから分からないけれど・・・(^^; )


このタンブルは、空気抵抗が大きいために、
落下時まで回転力を持続することが大変に難しい回転です。

回転を掛かっている時は手が出しづらいですが、
20-30cmほど待っていれば、
無回転の、コントロールしやすいシャトルに変わってしまいます。
攻撃は出来ないまでも、ロビングをあげるには別段難しくないシャトルです。


これに対し、上級者でも極々一部の人のみが使う、「ジャイロ」のヘアピンというのがあります。
このスピンには、大きなメリットが2つあります。

「空気抵抗が小さいために、回転が最後まで解けない」
「回転によって、シャトルが面とは違う方向に飛んでいく」


さらに、場合によってはシャトルがコルクを上にしたまま、
まっすぐ床に落ちてくる、なんて現象もあったりします。
(ジャイロ回転している物体は、その姿勢を保とうとする力が発生するため。コマが立ったまま回るのと同じ原理ですね。)


このジャイロのヘアピンですが、打つのがとても難しいです。
オレはこの半年ほど試行錯誤をしていますが、まだ実用化には至っていません(^^;

現時点では、

タンブルを打つときよりもいくらか肘を上げてラケットを(下方向に)立て、
シャトルの「羽」がラケットに乗った瞬間に、
面を横にスライドさせると、たまにジャイロ回転が掛かる『ことがあります』。

としか言えません(笑


調べてみたけれど、ジャイロ回転とシャトルの挙動について書いている人は何人か居ましたが、
このショットの打ち方を記載しているHPやブログなんかは見当たりませんでした。

ひょっとしたら、理論としては新しい技術なのかもしれませんね。
昔から羽根を打っている人は何も考えずに出来ていたりするのですが、
打ち方を聞いても、漠然としていて、良く分かりませんwww




相手のショットをコントロールする、ということはつまり、
相手が打ちにくいショットを打つ、ということでもあります。

上級者は、スイングスピード、体の向き、癖などを瞬間的に判断して、
瞬時にシャトルが何処に飛んでくるのかを把握します。
場合によっては、打つ前から何処どんなシャトルが来るのかを読み取ります。

彼らに対抗するには、こういったスピンを考慮したショットが有効です。
もちろん彼らも使用してきますが、知っていれば対応は十分に可能です。

スピードやパワーで勝つ、というのも1つの手ですが、
社会人には明日があります。仕事での疲労や肩こりがあったりします。
圧倒的な体力と回復力を持って、
一日一日を元気に飛び回る、若者や学生たちのようにはいかないでしょうw


持論ですが、「強いから上手い」とは思いません。
もちろん、勝てる技術こそが本当の技術であるのは間違いないのですが、
それとは別のベクトルで、「上手い」というものがある気がします。

極論、たふぃ、とか、ぴーたー、とか、りんだん、とか、りちょんうぇい、よりも、
「上手い」人は世界にはたくさん居るんだと思います。

彼らは高い技術に高い身体能力を兼ね備えているから世界のトップではあるのだけれど、
身体能力は彼らには劣るけれど、技術は技術は彼らを超える人は居るんじゃないかな?
バドミントンは過酷な競技だから、強さに身体能力が占める比率が高いから、
上手いだけの人は、彼らには勝てないわけだけれど、
もし上手いだけの人が、彼らと同じ体を手にしたら、どうなるでしょうか?って事ですね。


結論、ですが、

この4年、いろんな上手い人と羽根を打ってきて、
彼らが「違う次元」でコートに立っているということを知りました。

その増えた次元の1つが「スピン」です。

「なんかあの人、やりにくいんだよなぁ。」

と思ったら、それは、その人が実は
「違う次元」に手を加えたシャトルを打っているのかもしれません。
正面から見てたら同じ箱だと思ってたのに、裏側見たら厚みが違ってた、みたいな感じ?


才能が無い人は、才能にある人に絶対勝てないだなんて、つまらない。
体が、センスが無い人が上手くなるには、知ること、考えること。

ただ闇雲に羽根を打っていたところで、その伸び代には限界がある。
ならば、違う方向に伸びれば、良いのです。


ハンターxハンターで例えるならば、
どれだけ身体能力が高くても、「念」を使える人には勝てないんです。

なら、「念」を使えるようにならないと。
もしくは、使えないまでも、知って、対策を考えないとね。



語りだすと長い男 Jyam
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

weekender

Author:weekender
お問い合わせはこちら

panyawa-iyada-@docomo.ne.jp

お気軽にどーぞ♪

HN:たけし


HN:July

HN:1109



【卒業】
HN:P監督

【卒業】
HN:きょーじゅ

【卒業】
HN:宝槻

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR