スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カット

お久しぶりです。Jyamです。

今日は、「カット」について書いてみます。
以下が、Jyamの持っているカットの種類です。

・フォアカット 
・リバースカット
・カッティングドロップ(フォア&リバース)
・カッティングスマッシュ(フォア&リバース)


とりあえず、こんなところでしょうか?

とは言っても、どの場所からでも全てのショットが打てるわけではありませんし、
打っても意味の無い場所とショットの組み合わせというのもあります。

例えば、フォア奥からストレートにフォアカットを打っても、あまり意味はありません。
同様に、ラウンド側からストレートにリバースカットを打っても、あまり意味ありません。


カットは、使いどころがとても重要です。


よく勘違いをされている方が居るのですが、
カットが最も有効なコースはクロス、ではありません。

大抵の人が使うクロスカットというのは、
カラダの向きをそれほどソチラに向けずにクロスに打つという、いわば横着なショットです(笑
とりあえずクロスに打ちたいときに良く使われますし、Jyamも使います。

このカットを打つ人のほとんどは、
最初からカラダがクロスに向いていて、ラケットもクロスに向いています。

ショットの精度が強い場合はもちろん効果的ですが、
言ってしまえば、「精度勝負」みたいな事になります。

ネットぎりぎりに、ラインぎりぎりに打てば決まる。
もちろん強いショットではあるのですが、
でも、それだと、スマッシュとあんまり変わらないんですよね(笑


カットが持つ、最も強いポイントは、
「ラケットの振りとシャトルの飛ぶ方向が違うこと」です。


上の人にカットを打たれると、スイングに騙されて足を止められてしまいます。
クロスに見えてストレートに、ストレートに見えてクロスに飛んできます。


カットというショットは、そのままフェイントショットなのです。
これが生かせていないと、カットを打つ意味が半分くらい無くなってしまいます。


さて、以上を踏まえて、
実は一番効果的なカットの使い方が分かったでしょうか?


そう。ストレートです。
フェイントの入った球足の短いショットは、
リカバーの時間が少ないため、相手の体勢をより一層崩してくれます。

また、相手のレシーブコースを考えても、ストレートの方が有利です。
クロスカットを打つと、かなりの確率でストレートに低いロブが帰ってきます。
そのストレートというのは、自分にとって逆サイド側。
取られたら、一生懸命走逆側に走らなければなりません(笑

せっかく攻めのショットを打ったのに、
そのロブに追いつけなくてシャトルを上げてしまうようでは、本末転倒。
アタックロブに追いついて、上からカウンタースマッシュが打てない場合は、
クロスカットは打ってはいけません。
(逆に、飛びついてのカウンタースマッシュが武器の人は、ガンガン使うべきですね。)


カットを打つ時に、最も意識しなければならないコトは以下です。

・カラダを、シャトルを打つ方向に向けない

コレだけです。
コレだけですが、コレがまた、とても難しいんですけどね。



基本的に、カットとカッティングドロップの使い道は一緒です。
球足が速くて長い方が通常のカット、
球足が遅くて短い方がカッティングドロップです。


最後に、カッティングスマッシュですが、
コレは、傍から見ているとただのスマッシュです。

面を少し切りながら、全力でラケットを振りぬきます。
通常のスマッシュと思ったところから、
ほとんど同じ角度で、ちょっとだけ遅いショットが飛んでいきます。
相手からすると、当たりそこないのスマッシュ、と感じるようです。

このショットは、ほぼ間違いなく、エースは取れません(笑
その代わり、ほんの少しだけ、レシーバーのタイミングを外すことができます。


相手のレシーブ力が自分のスマッシュ力を上回っている時、
Jyamはこのショットをスマッシュに混ぜ込みます。

スマッシュ→スマッシュ→カッティングスマッシュ


前のスマッシュ2本で足が止まっているところに、
ほんのちょっと前に沈んでくるショットが来るだけで、
体勢は崩れ、レシーブは甘くなるものです。
そこから畳み掛けるのがJyamの後衛のスタイルです。




スマッシュに必要なパワーや高さというのは、ほとんどが持って生まれたものです。
ですが、私のようにパワーも高さも持っていない方はいると思います。

「カット」はこのようなハンデを帳消しにしてくれる技術です。


プロ野球では、
速い球が投げられるだけのピッチャーが、何人も脱落してきました。(A垣とか、T内とかw)
速い球が投げられない技巧派ピッチャーが、何人も成功して来ました。(H野とか、Y本昌とかw)


多くの変化球がストレートを加速してくれるように、
カットはアナタのスマッシュを加速してくれる技術です。

攻撃の選択肢の中にカットが入ると、そのパターンは無尽蔵に増えていきます。


カットは、打った数で精度が決まりますし、
逆に言えば、自分で感覚を掴まない限り、永遠に習得の出来ない技術です。

難しい技術ですが、シャトルを壊すことを恐れず、どんどん練習しましょう!


・・・出来れば、中古のシャトルで(笑





元野球少年

Jyam
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

weekender

Author:weekender
お問い合わせはこちら

panyawa-iyada-@docomo.ne.jp

お気軽にどーぞ♪

HN:たけし


HN:July

HN:1109



【卒業】
HN:P監督

【卒業】
HN:きょーじゅ

【卒業】
HN:宝槻

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。